H26.10.28_紅葉の季節になりました!

今、川内村は秋真っ盛りです。

iwanano-sato-koyo_2

「いわなの郷」庭園のモミジも綺麗に紅葉しました。

iwanano-sato-koyo_3

今はイワナの卵が取れる時期で、卵が取れたときには「幻魚亭」でお客様にお出ししています。
ある時とない時があるので、運が良ければ食べられます!

iwanano-sato-koyo_4

 

 

 

 

 

 

 

皆様、いわなの郷で爽やかな秋、食欲の秋を満喫してください!

H26.9.17_こんにちは、コープふくしまです!

コープふくしまの加藤と申します。

現在、コープふくしまでは川内村の皆様に向けて、食料品や日用品の宅配を行っています。

チラシから選んでご注文いただければ、毎週火曜日、水曜日、木曜日にお宅までお届けします。
便利なコープ宅配便、ぜひご利用ください!

(コープふくしまの宅配・共同購入について)
http://www.fukushima.coop/14_kyoudoukounyu.html

(お問い合わせ) コープふくしま郡山・いわきセンター フリーダイヤル0120-88-0621

【受付時間】(月~金)9:00~19:00/(土)9:00~13:00/(日曜休日)

(宅配チラシ)
コープふくしま宅配チラシ

H26.8.12_今年もやります!イワナのつかみ取り大会♪

 

「いわなの郷」では、毎年恒例のイワナのつかみ取り大会を今年も開催します!

 

と   き   8月14日(木) (受付 午前9時~ 開始 午前10時)

と こ ろ   「いわなの郷」 イワナ養魚場

参加資格  5才~小学6年生まで

持参していただくもの  濡れてもいい靴、着替え、タオル

 

夏休みの家族の思い出に! ぜひご参加ください!!

H26.8.12_どこにいるか、わかりますか?

モリアオガエルの卵がふ化して、オタマジャクシになりました!

2014063015530000

泡の中には、かえったばかりの黒いオタマジャクシがたくさん見えます。

ちょっとグロテスクな感はありますが、 池に飛び込む前のオタマジャクシの姿はなかなか見られないので、載せておきたいと思います。

オタマジャクシはこの後、池で育って大人のモリアオガエルになります。

下の写真は池の中を撮ったものなのですが、どこにオタマジャクシがいるかわかりますか?

2014062515420001

答えは…写真の上半分の真ん中あたりです。

胴体と同じぐらいの太いしっぽで、力強く泳いでいます。

あなたはみつけられましたか?

2014.06.19_モリアオガエルの卵!?

先日、いわなの郷「幻魚亭」の前の池で、モミジの木にぶらさがったモリアオガエルの卵(?)を発見しました!!

moriaogaeru-egg-1
泡で守られた卵は、オタマジャクシになったとき池にダイブできる丁度いい位置にあります。

moriaogaeru-egg-2

よく見ると、ツツジの枝にも卵が産み付けられています。

moriaogaeru-egg-4

卵がかえるのが、今から楽しみです!(^^)

2014.06.19_イワナが稚魚になりました!

早速ですが、イワナの稚魚たちの写真です!
iwana-chigyo

ボケてしまって見づらいかもしれませんが、3㎝~7㎝くらいになりました。

お腹の栄養の袋も小さくなり、今では自分でエサを食べるまでに成長しましたよ!

2014.3.20_川内村遠藤村長へ、サイト開設の報告と復興に向けた提案を行いました。

川内村若者ふるさと再生検討会の代表3名が川内村遠藤村長を訪問し、本サイト開設の報告と、復興に向けた「子どもの遊び場・若者の居場所づくり」の提案を行いました。

検討会コーディネーターの、福島大学 小野原雅夫教授にも同席いただきました。

P1060969

2013年7月から2014年2月にかけて行われた川内村若者ふるさと再生検討会の議論について遠藤村長に報告し、新たな「子どもの遊び場・若者の居場所」として、村のほぼ中央に位置する「すわの杜公園」を拡充し、もっと子ども達が長時間遊べる大型遊具の設置や、サッカーの試合や野外コンサートが行えるようなイベント対応の環境作りなどを提案しました。

「東日本大震災からの復興に向けた企画提案書」 kikaku-teian

(現在の「すわの杜公園」 suwanomori-park park-heimenzu

また、本ブログサイトも村長にご覧いただきました。

P1060978

村長は、サイト・アドレスを早速パソコンの「お気に入り」へ。(*’▽’*)

P1060980サイトはスマートフォンや携帯電話からも閲覧できます。

当日は、TUFテレビユー福島、KFB福島放送、福島民報新聞、福島民友新聞が取材に来てくれました!

福島民報新聞記事 20140321_fukushima-minpo

福島民友新聞記事 20140321_fukushima-minyuu

KFB福島放送     20140320_KFB-news

 

川内村役場の庁舎内の壁に貼られている、遠藤村長が今年の新春に掲げた平成26年のテーマです。

P1060956

まずは、小さくとも初めの一歩を踏み出すことが大事ですね!

 

 

2014.3.19_こちら菊池製作所川内工場です!

2012年11月30日、旧富岡高等学校川内分校跡地に『菊池製作所川内工場』が完成!

総合ものづくり企業として、川内工場では主にアルミニウム製品やプラスチック製品の成形、組み立て、量産加工を行っています。
体育館だった場所にはアルミニウム製品を成形するホットチャンバ式アルミダイカストの設備がずらり。

校舎だった1階にはMC(マシニング)という設備。

DSC_0040

金属だってプラスチックだってプログラムした形に削っちゃいます!

市場に出る前の試作品なども製造しているため、製品をお見せすることは残念ながらできませんが、これからも紹介していけたらと思います。

興味を持った人も、働いてみたいという人も、是非一度来てみてください!

川内村大字下川内字宮渡31
TEL  0240-25-8841
FAX  0240-25-8843

2014.3.19_かわうち保育園の子ども達

かわうち保育園では園庭の遊具が新しくなり、戸外にて毎日元気に遊んでいます。

寒かった川内村もようやく暖かくなり、外遊びが気持ちの良い季節になりました。

近くに来た方はぜひ遊びに来てください♪

http://www.kawauchimura.jp/living/child/05.html

 

 

 

 

 

ブログサイト「モリタロウのおしゃべり広場」-川内村から川内の今を伝えるブログ- の創設にあたって

川内村は、福島県浜通りの山あいにある、自然豊かな高原の村です。

2011年3月11日の東日本大震災から3年が経過しましたが、村に戻ってきている村民は、世代に関係なくまだあまり多くありません。

そんな状況ではありますが、村内では保育所や学校が再開し、農作物を作る人たちが増え、新たな工場も立ち上がり、お店や施設も少しずつ再開して、復興に向けて頑張っています。

村の若者と村に関わる若者12人が、昨年夏から話し合いを重ね、川内村の中から村のリアルな情報を発信することで、村民以外の方には川内村への理解を深めてもらうこと、村民には村の良さを再確認してもらうこと、それによって川内村を盛り上げていくことを目的として、このブログサイトを立ち上げました。

これから、各メンバーそれぞれが、日々の暮らしや仕事の中から村内外に伝えたいことをこのサイトに載せていきたいと思います。

今後だんだんに輪を広げて、村内にブログ記者を増やしていく予定ですので、楽しみにご覧いただければ幸いです。

平成26年3月20日

川内村若者ふるさと再生検討会   箭内 崇