2014.3.20_川内村遠藤村長へ、サイト開設の報告と復興に向けた提案を行いました。

川内村若者ふるさと再生検討会の代表3名が川内村遠藤村長を訪問し、本サイト開設の報告と、復興に向けた「子どもの遊び場・若者の居場所づくり」の提案を行いました。

検討会コーディネーターの、福島大学 小野原雅夫教授にも同席いただきました。

P1060969

2013年7月から2014年2月にかけて行われた川内村若者ふるさと再生検討会の議論について遠藤村長に報告し、新たな「子どもの遊び場・若者の居場所」として、村のほぼ中央に位置する「すわの杜公園」を拡充し、もっと子ども達が長時間遊べる大型遊具の設置や、サッカーの試合や野外コンサートが行えるようなイベント対応の環境作りなどを提案しました。

「東日本大震災からの復興に向けた企画提案書」 kikaku-teian

(現在の「すわの杜公園」 suwanomori-park park-heimenzu

また、本ブログサイトも村長にご覧いただきました。

P1060978

村長は、サイト・アドレスを早速パソコンの「お気に入り」へ。(*’▽’*)

P1060980サイトはスマートフォンや携帯電話からも閲覧できます。

当日は、TUFテレビユー福島、KFB福島放送、福島民報新聞、福島民友新聞が取材に来てくれました!

福島民報新聞記事 20140321_fukushima-minpo

福島民友新聞記事 20140321_fukushima-minyuu

KFB福島放送     20140320_KFB-news

 

川内村役場の庁舎内の壁に貼られている、遠藤村長が今年の新春に掲げた平成26年のテーマです。

P1060956

まずは、小さくとも初めの一歩を踏み出すことが大事ですね!

 

 

2014.3.20_川内村遠藤村長へ、サイト開設の報告と復興に向けた提案を行いました。” への1件のフィードバック

  1. 福島大学の小野原です。若者ふるさと再生検討会に参加してくださった皆さん、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。私はコーディネーターとは名ばかりで何もせず、皆さんの議論をただ楽しく聞かせて頂いただけでしたが、こうした形で目に見える成果を出せたことをとてもうれしく思います。
    さっそく私のブログ (「まさおさまの何でも倫理学」 http://blog.goo.ne.jp/masaoonohara)でも記事として取り上げ、こちらのサイトとリンクも張っておきました。今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA